従来の説

このページでは、従来の説による、ディートリッヒ、ジークフリート、および ニーベルンゲン族の人物特定と、あるドグマ的信条についてを紹介します。

学者たちは、ディートリッヒ・フォン・ベルン、フン人アッティラ、ニーベルンゲン族、 についてはほぼ意見が一致していますが、ジークフリートとなると、まだまだ確定できていません。

これらの人物特定のなかで、おそらくもっとも意外な点は、

そして学界が一致するところ、ラテン語の記録(年代記)に、その名を刻まれる 栄誉に浴さない人(人口の訳 99.9 %) は、人物特定できないというのです。

さらには第二のドグマが存在します:

というものです。

Beck による Ritter 論の批判ページをロードする。 その短い注釈は、上の二つのドグマが、あからさまに取りこまれています。

すでにお気づきかもしれませんが、私自身はこの従来的人物解釈を、あまり固く 信じてはおりません。それでも、なるべく公平なかたちであ扱おうと心がけますが、 何にせよ、意外なほど証拠が乏しいので、それすら楽なことではありません。

紹介のつづき。