Some information about the author

ピーター・ポール・コッホ Peter-Paul Koch
1970年生まれ; アムステルダムに今まで在住
ppk@xs4all.nl

アムステルダム大学で古代史(ローマ・ギリシャ)の課程を終了後、教鞭をとろうと職を探しましたが、 不幸にも、歴史の教師の需要はまったくありませんでした。

ニーベルンゲンを裏打ちする史実や、ハンイツ・リッター=シャウムブルクの学業を研究に努めました。 この題材についていずれ論文を執筆するつもりです。アムステルダム大学で研究費の申請をしましたが、 研究の対象が つまらなすぎるとの理由で却下されました。

2年間を社会福祉金で生活し、薬にも手を出したりした後、そろそろキャリアを転向して、ウェブサイト・デザインで 楽に収入を稼ごうと考えました。そのためにもHTMLとJavaスクリプトを習得せねばならず、それを実践する プロジェクトが必要となりました。

[ウェブ技術習得の]目的に、[プロジェクト]というものが私ためになり、そのあべこべも然りでありました。 さすれば私はニーベルンゲンとリッターについてを語るウェブサイトを設立することにしたのです。 ところがデザインを始めるた私は、思いもよらず、ハイバー脚注の表示のしかたという、長年の問題を、 SUFIを開発することで解決してしまったのです。

そこから、学術的なウェブサイトをどうデザインするかの問題について、あれこれ考案するようになりました。

ウェブ上でももっともひどいサイトたち(主に歴史や、古代ゲルマン関係のサイト)を検証するうちに、 私はつぎなる法則を抽出したのです、...

学術的ウェブサイトのデザインの三戒

  • 汝、無智なりし者らを啓蒙すべく方法によりて教材を展示してはならぬ。 かわりに、みさかいなく醜悪なASCIIコードの塊を、同輩らに投げつけるべし。
  • 汝、ハイパーリンクの提示されしとき、なんらコメントを付け加えてはならぬ。 また、ハイパーリンク表はどれももれなく、次、そしてさらに次のハイパーリンク表 へとつながる、巧妙なものとすべし。
  • 汝、いかなるときも、ページの冒頭部に短い概要をつけてはならぬ。

私は、ここですべての学者のみなさんに、ウェブサイトのユーザの方々に少しは配慮してもらいたいと、 呼びかけます。 ここで私が使用したアイデアが、少しはウェブに浸透し、読みづらさを著しく改善してくれるものと 期待します。

ブラウザの戻るボタンで、前のページに戻るか、ここで私(Peter Paul Koch)の ホームページを ロードする。