HOME > 日本語 HOME > サガ&エッダ目次

ミズガルズオルム

    サガ&エッダ — 目次

ヴァルハラ
ヴァルハッラの館
旗印"VH"でもオージン館である。 大樹はユグドラッシルであり、そのことは樹上にいる鹿が"Eikþyrnir"エイクシュルニル、山羊が"Heiðrun"ヘイズルンと記されていることから明らかである。手に剣を持っている人物は"Heimdallur"つまりヘイムダール。

ページのトップの大蛇ミズガルズオルムの絵も、ヴァルハッラの館の絵も、いわゆる《縦長のエッダ》(codex oblongus [Langa-Edda / AM 738 4to]、 1680 年)の写本のもの。

目次

写本 handrit

  ◊ <ハウク本>

アイスランド人の(家の)サガ Íslendinga sögur

  ◊ 『植民の書』

太古のサガ(別名英雄的/伝奇的サガ) fornaldar sögur

  • ドワーフの洞を覗くフレイヤ 『セルリの小話サーットル別名 『ヘジンとヘグニのサガ』

    序章はフレイヤが《ブリーシンガの首飾り》を手にするため、その製作者の四人のドワーフに、とある代償を提供する。 憤慨したオージンは、その罪滅ぼしをフレイヤに強要するが、それはヘジンとヘグニとの間に永遠の戦いをひきおこさせることだった。名にしおう「ヒャズニングの争い」の起こりである。
    * モリス&マグヌーソン共訳やカーショウの英訳をベースに作成した私訳を掲載。

  • 『ヒャズニングの争い』

    ヘジンとヘグニの因縁の争い。しいては魔剣ダーインスレイヴの物語

    * 『スノーリのエッダ』(『詩の語法』の部)から、この物語の訳を掲載。引用詩などはすっとばされてしまいがちなのだが、 ここでは『ラグナルへの頌歌ドラーパ』からとられた数詩節も含めて訳した。
  • 『ヘルヴェルとヘイズレクのサガ』(英訳のみ)

    ドワーフが鍛えし呪われの剣テュルフィングにまつわる話、男まさりの娘ヘルヴェルの冒険、ゲストゥンブリンディとヘイズレク王のなぞなぞ問答、フン族の戦いの歌など盛りだくさんのサガ。四世代にまたがる凄絶なストーリー。Nora Kershaw 女史の訳本より。

エッダ Edda

   『スヴィープダグの歌』:すなわち、英雄スヴィープダグの花嫁探求譚である。 館に住む花嫁メングロスの門戸をたたくまでが、求婚者の試練である。門番が語るに、武器レーヴァテイン を手にせねばこれが達成できないことが教えられる。

  • ブッゲによる 『スヴィープダグの歌の探訪』の章:
  • 付録:ソフォス・ブッゲ編『セームンドのエッダ』(1867年) より 略語・記号解説
       

    『グロアの呪文』で墓の下のグローアから魔法を教わる息子の話を前編とし、 『フィヨルスヴィズの歌』(スヴィープダグの婚姻譚)が後編で、本来は(仮称)『スヴィープダークの歌』 というひとつの歌だと導いたのは、『セームンドのエッダ(詩エッダ)』の早期の編者である ソフォス・ブッゲの功績であった。

     ブッゲが、二つの古詩がひとつにつながると考えたか、そのいわくを掘り起こすと、 その根拠は、継母によっていまだ目にせぬ娘に恋してしまう青年が亡き母の墓に相談して旅に出るストーリーがかたられる、デンマーク歌謡「若きスヴァイゼールのバラードであった。
     これについては、いくつか原文や英訳を収めているので参照されたし:

     ブッゲの『探訪』の章では、このバラードの異本のうちもっとも古いとされるAバージョンが 全文引用されているので、このたび和訳したことで、つまりこの歌のAバージョン(DgF 70A とカタログ番付される) も全訳される次第となった。

     また、もう少し年代のCバージョン(ブッゲは一部のみ引用)では、青年に与えられる剣の名前が アゼルリング という名が与えられているが、 これはデンマークの他のバラードでは、ディゼリク(ディートリヒ・フォン・ベルン)などの主人公がもつ剣と同じ名なので、借用の可能性も高い。

     ちなみに、歌の中の剣の名が『レーヴァテイン 』であると見出した(読み直した)のもブッゲである。 それまでは、写本どおり「ヘヴァテイン」と読まれていて、例えば A. S. Cottle の 1797 年の英訳 でも Hevatein とあり、弓で番える矢と解釈される。

切手と神話ネタ

  • 「テュールとフェンリル」とされる金属板

  • 森の女「スクーグスロー」と水妖「ネッケン」
  • フェンヤとメンヤのまわす魔法の石臼グロッティ

    ルーン魔術

    定番の質問であるルーン魔法、ガルド、セイズ、魔法実践、魔法の武器などについて。「The Religion of the Norsemen」 から和訳"第XXIV章: 魔法"(更新)

    リンク集


  • HOME > 日本語 HOME > フェロー語のバラード > 目次