HOME > 日本語 HOME > サガ&エッダ > ブッゲの 略語・記号解説

(⇒ 同・デンマーク原文) (⇒同・英訳)

* 以下はブッゲ Sophus Bugge が、その編著『セームンドのエッダ』(1867), LXXIX-LXXX ページに掲載した略語・記号の凡例。本書で著者がもちいている(普遍的ではない)写本略名(A本など)や、テキストおよび注釈にもちいる付加記号を説明する。
* 資料文献はみな古書なので、書籍の識別を容易にするため、別名、詳細などを緑色文字で追加してある。
* ブッゲ編のエッダ詩のテキスト(注釈割愛)は⇒ Tor Gjerde のページ

略語と記号の解説


 
(手写本の略号)
A = (セームンドのエッダの)《アールニ・マグヌースソンの書》 codex Arnamagnæanus af Sæmundar-Edda [AM 748 4to]
コペンハーゲン アールニ・マグヌースソンコレクション所蔵 No.748 四つ折本 皮紙。 p. XIX〜。
B = [nkS 1108 fol.]
コペンハーゲン王立図書館新コレクション No. 1108 二つ折本 繊維紙。 p. LX 〜。
C = [nkS 1109 fol.]
コペン王立図書館 新コレ No. 1109 二つ折本 繊維紙。 p. LX。
F = 《フラト島の書》/《フラテイ本》 Flateyjarbók [gkS 1005 fol.]
コペン王立図書館 旧コレ No. 1005 二つ折本 皮紙。 p. XXV。
G = [AM 155 oct.]
AM. コレ No. 155 八つ折本 繊維紙。 p. XLVI。
H = 《ホィクルの書》/《ハウク本》 Hauksbók [AM 544 4to]
AM コレ No. 544. 四つ折本 皮紙。 p. XXII 〜。
I = [AM 166b oct.]
AM コレ No. 166b 八つ折本 繊維紙。 p. XLV。
K = [AM 167 oct.]
AM コレ No. 167 八つ折本 繊維紙。 p. XLV 〜。
L = [nkS 1866 4to]
コペン王立図書館 新コレ No. 1866 四つ折本 繊維紙。 p. LVI 〜。
M = [nkS 1111 fol.]
コペン王立図書館 新コレ No. 1111 二つ折本 繊維紙。 p. LXI。
O = 《縦長のエッダ[?]》 codex oblongus [Langa-Edda / AM 738 4to]
AM コレ No. 738. 四つ折本 繊維本。 p. LII。 LXII。
Q = [AM 161 oct.]
AM コレ No. 161 八つ折本 繊維紙。 p. LII。
R = (セームンドのエッダの)《王書》 codex regius af Sæmundar-Edda [Konungsbók Eddukvæða / gkS 2365 4to]
コペン王立図書館 旧コレ 四つ折本 皮紙。 p. I〜。
r = (スノーリのエッダの)《王書》 codex regius af Snorra-Edda [Konungsbók Snorra-Eddu / gkS 2367 4to]
コペン王立図書館 旧コレ No. 2367 四つ折本 皮紙。 p. XXVI。
S = [nkS 1869 4to]
コペン王立図書館 新コレクション No. 1869 四つ折本 繊維紙。 p. LXI。
U = (スノーリのエッダの)《ウプサラの書》 codex Upsaliensis af Snorra- Edda [Uppsalabók / U, DG 11 4to]
ウプサラ大学図書館 ド・ラ・ガルディ コレクション No. 11 八つ折本 皮紙。 p. XXVI。
W = (スノーリのエッダの)《オルムの書[?]》/ 《オレ・ヴォームの書[?]》 codex Wormianus af Snorra-Edda [Ormsbók / AM 242 fol.]
AM コレ No. 242 二つ折本 皮紙。 p. XXIV 〜。
Wb = (スノーリのエッダの)二つ折本 断片 皮紙。 W 本と共に保存。 p. XXVI。
1eβ = No. 1eβ 二つ折本 皮紙 AM コレ p. XXVI。
62 = [AM 62 fol.]
AM コレ No. 62 二つ折本 皮紙。 p. XLI。
757 = [AM 757 4to]
AM コレ No. 757 四つ折本 皮紙。 p. XXVI。


Bergm. = Bergmann, Frédéric Guillaume (フレデリック・ギヨーム・ベルグマン 1812-1887。〔仏〕 『Edda Snorra Sturlusonar』 1861年)
Eg. = Egilsson, Sveinbjörn (スヴェインビェルン・エギルスソン1791-1852。〔アイス〕 『Edda Snorra Sturlusonar』 1848年)
Ettm. = Ettmüller, Ludwig (ルードヴィヒ・エトミューラー 1802-1877。 〔独〕『Die Lieder der Edda』 1837年)
Gg. = Svend Grundtvig (スヴェン・グルントヴィ 1824-1883。 〔デン〕『Danmarks gamel folkeviser』 -1881年)
Gisl. = Konrad Gislason (コンラーズ・ギースラソン Konráð Gíslason 1808-1891。 〔アイス〕 『Fire og fyrretyve for en stor Deel forhen utrykte Prøver af oldnordisk Sprog og Literatur』 Copenhagen 市: Gyldendalske boghandling 社 1860年 )
K. = (コペンハーゲン発行の)
『Edda Sæmundar hinns Fróda.』 Hafniæ sumptibus legati Magnæani et Gyldendalii. I. II. III. 1787.1818. 1828 (Edda Sæm.ed. AM ともまた表記する)。
Lün. = Lüning, Hermann (ヘルマン・リューニンク 『Die Edda』 1859 年。〔独〕)
M. = 『Den ældre Edda』 P. A.Munch 社発行 Christiania (オスロ市の旧名) 1847年。
Möb. = Möbius, Theodor (テオドール・メビウス1821-1890 『Edda Sæmundar hins fróða 』 1860 年)
















(⇒)














(⇒)
LXXX         FORKLARING of FORKORTNINGER OG TEGN
 
Fas. = 『北欧の太古のサガ集』(仮訳名)
Fornaldar sögur Nordrlanda
(編者 C・C・ラーフン Carl Christian Rafn 1795-1864 /
Kaupmannahöfn 市: Hardvig Fridrek Popp 社 1829-1830 年。全三巻。〔文・アイス/註・デン〕)
Fms. = 『太古の人物伝』(仮訳名)
Fornmanna sögur
(編者 Sveinbjörn Egilsson 1791-1852、 Þorgeir Guðmundsson 1794-1871、 Þorsteinn Helgason 1806-39、 Finnur Magnússon 1781-1847、 N. M. (Niels Matthias) Petersen 1791-1862、 C. C. (Carl Christian) Rafn 1795-1864、 Rasmus Rask 1787-1832)
(版元−Kaupmannahøfn 市: Hardvig Fridrek Popp 社 1825-1837 年。全十二巻。 〔文・アイス/註・デン〕 ラテン訳 『Fornmanna Søgur: Scripta historica Islandorum de rebus gestis veterum Borealium 』 1828 年)
Norna-G. þ. = 『ノルナ=ゲストの小話』 Norna-Gests þáttr (引用が『Fornaldar sögur』にあり、拙著の序文にもある)。
SnE. = 『スノーリのエッダ』 (アールニ・マーグヌッソン版で引用)。
Völs. = 『ヴェルスンガ・サガ』 引用が『Fornaldar sögur』にあり、拙著の序文にもある)。


† :単語の接頭にこの記号があるのは、以下に続く文章が歪んで伝わっていると筆者〔ブッゲ〕が思う箇所。
[ ] :この記号でくくった語は、どの(?)手写本にもみられない語。(ただし地名・人名の目録はのぞく)
| 手写本の行末を示す。
|| 手写本の葉末(ページ末)を示す。
点々(…)は、何かが欠損しているらしい部分。 (詩行が失われていても、正しい行数カウントを 保持するため。あるいは、一個単位の単語の欠落も示す)。
星(*)マークは、 何かが欠損しているらしいことを示す。(欠落が長文または数詩行にわたるが、行数はわかる)。
単語のなかで続け書き書体[*斜体?]になっている文字は、 写本生がもちいた略語を展開したことを意味する。例えば古い手写本で、手書きで写されたものなど。 p. VII。


(注釈のみ)
〜〜 は、二つの語が、おたがいに 語節韻をふんでいることを示す。
←                       | |                       →

HOME > Saga & Edda > Bugge's excurs on Groa's Spell & The Lay of Fjolsvith

(> Lævateinn )