HOME > 神話 > デンマークの古謡 >

『オーム若青年ウンガー・スウェンとバームの巨人リース
[DgF # 11 歌 Orm Ungersvend og Bermer-Rise]

解説:
 オーム若青年は、バームの巨人と果たしあって勝てるのか?伝家の宝刀ビルティングがあれば?. . . 。

テキスト:
バージョン D、ヴェデルの『Hundredevisebog (百謡本)』第1巻第15謡 収録版

Bermerijss oc Orm Vnger Suend


1.
Det vaar høye
Bermerijss,
hand voxte offuer alle mure:
Hand vaar galen oc aldrig vijss,
ingen Mand kunde hannem styre.
Men Skoffuen stander all vdi Blomster.
2.
Hand vaar galen oc aldrig vijss,
oc ingen Mand kunde hannem raade:
Men haffde hand lenge i Danmarck bleffuit,
da haffde det værit stoer skade.
3.
Det vaar høye Bermerijss,
hand binder sig Suerd ved Side:
Saa rider hand til Kongens Gaard,
som Kemper monne slaa oc stride.
4.
Det vaar høye Bermerjss,
Hand gaar for Kongen at stande:
Du skalt giffue mig Daatter din,
oc Breff paa halffue dine Lande.
5.
Hel side i Daner Konning,
alt offuer eders brede Bord:
I skal mig eders Daatter giffue,
oc skifte met mig eders Jord.

6.
Enten skulle i mig eders Daatter giffue,
oc dele met mig eders Land:
Eller i skulle fly mig aff eders Kemper,
som som mig i Kredzen tør bestande.
7.
Icke fanger du daatter min,
icke Breff paa helten mit Land:
Vel skalt du faa den Kempe god,
met dig fecte for Haand.
8.
Det vaar Daner Konning,
Hand suøber sit Hoffuit i Skind:
Saa gaar hand i Høyeloft,
For alle sine Kemper ind.
9.
Det vaar Dansker Koning,
hand ganger at Borgstuen frem:
Huilcken aff eder i Danske Hoffmend,
vil vinde denne Jomfru saa ven.
10.
Her side i alle mine Kemper tro,
Saa mange som ieg giffuer Brød:
Huo vil mig paa Bermer heffne,
Oc taale for mig den Nød.

11.
Hannem vil ieg giffue kiære Daatter min,
oc hand skal bære den priss:
Huo som tør voffue denne haarde gang,
vdi Kredzen met Bermerjss.

12.
Alle da sade de Kemper stille,
oc ingen torde suare it Ord:
Foruden Orm hin vnger Suend,
hand sad aller nederst til Bord.

13.
Foruden Orm hin vnger Suend,
hand sprang offuer breden Bord:
Det vil ieg for Sanden sige,
hand talde it Mandoms Ord.
14.
Vil i mig eders Daatter giffue,
oc skiffte met mig helfften eders Land:
Da vil ieg den Kempe være,
i Kredzen den Helled bestande.

15.
Vel vil ieg eders Daatter vinde,
oc ene forhuerffue den prjss:
Ieg tør voffue den haarde gang,
i Kredzen met Bermerjss.

16.
Det vaar høye Bermerjss,
hand sig offuer Axel saae:
Hueden er oss denne Mysseling,
disse bøse Ord komme fra.

17.
Ieg er ingen Mysseling,
dog du monne mig saa kalde:
Min Fader heder Kong Sigfred,
hand boer i Bierget met alle.
18.
Er Kong Sigfred din Fader,
du est hannem icke wlig:
Du est vel
snarlig voxen,
icke mere end paa Femtan Aars tid.
19.
Det vaar sildig om den Afften,
der Solen ganger til huile:
Da
lyster hannem Orm vnger Suend,
alt til sin Fader at ride.
20.
Det vaar sildig at Afftens tid,
de Suenne ride deris Heste til Becke:
Da lyster hannem Orm hin vnger Suend,
sin Fader aff Søffn at vecke.
21.
Det vaar Orm hin vnger Suend,
hand klapper paa Bierget saa hart:
Det vaar megen stoer vnder,
at Bierget falt icke met en fart.

22.
Det vaar Orm hin vnger Suend,
hand støder paa Bierget met liste:
Der reffnet baade Mure oc Malmersteene,
det nederst i Bierget ryste.
23.
det melte Orm vnger Suends Fader,
I Bierget som hand laa:
Maa ieg icke met Freden være,
vdi denne mørcke Vraa.
24.
Huo da vecker mig saa aarle,
oc giører mig saadan meen:
Kand ieg icke met Freden være,
alt vnder disse haarde Steen.
25.
Huo er paa mit Bierg at bryde,
oc huo giør mig denne møde:
Det vil ieg for Sanden sige,
hand skal for Birting .
26.
Ieg er Orm vnger Suend,
kiære Fader din yngste Søn:
Ieg kommer til dig vdi min Nød,
saa gierne du vider mig Bøn.
27.
Est du Orm vnger Suend,
en Kempe rask oc snild:
I Fiord gaff ieg dig Guld oc Sølff,
saa meget du haffue vilde.
28.
I Fiord gaff du mig Guld oc Sølff,
ieg acter icke ved Pendings verd:
I aar vil ieg haffue Birting,
det er saa gaat it Suerd.
29.
Oc du fanger icke aff Birting,
At vinde saa ven en Mø:
Førend du haffuer værit paa Irland,
Oc heffnd din Faders Død.

30.
Du skyd mig Birting op,
bed hannem fuld vel nyde:
Eller ieg skal Bierget offuer dig,
i Fem tusind stycke bryde.
31.
Da reck hid neder din høyre Haand,
tag Birting ved min side:
Men bryder du Bierget offuer mig,
du fanger baade Angist oc Quide.
32.
Saa skød hand hannem Birting op,
at Odden til Jorden stoed:
Nyder du icke god lycke min kiære søn,
ieg bier det aldrig bod.
33.
Hand racte hannem Birting aff Bierget vd,
hand bød hannem Hialtet imod:
Bliff du holdig oc Haandsterck,
at Kemper falde for din Foed.
34.
Det vaar Orm hin vnger Suend,
tog Birting paa sin Bag:
Saa lister hand at Kongens Gaard,
vdi saa fuld god mag.
35.
Det vaar høyen Bermerjss,
hand bleff der ved saa harm:
Det sømmer icke nogen Kempe,
at fectis met it Barn.

36.
Endog ieg er noget lidet,
dog er ieg alligeuel fast:
Det skeer saa tit en liden Tue,
den velter saa stort it Læss.
37.
De fectedis i Dage de fectedis i tho,
oc saa den tredje Dag til ende:
Det melte høyen Bermerjss,
monne Krigen aldrig faa ende.
38.
Der vaar Orm vnger Suend,
oc hand sit Suerd vddrog:
Det vaar høyen Bermerjss,
hand aff i Knæene hug.

39.
Saa høyt raabte høyen Bermerjss,
oc hand tog til at gielde:
Nu vaar det aldrig nogen Kempe sæd,
hin anden saa nederlig at felde.
40.
Ieg vaar law oc du vaar høy,
wi vaare baade Kemper stercke:
Ieg hug dig aff vdi Knæbeen,
Ieg Kunde icke lenger Recke.

41.
Det vaar Orm vnger Suend,
tager Birting paa sin Bag:
Saa gaar hand til Strande,
vdi sin fuld god mag.
42.
Det vaar Orm vnger Suend,
hand ganger paa huiden Sand:
Det vaar Tord aff Valland,
hand kom der seilendis for Land.
43.
Det melte Tord aff Valland,
stoed fremmerst i den Staffn:
Huo er oss denne lille Mand,
som gaar saa vide aff saffn.
44.
Ieg er Orm hin vnger Suend,
en Kempe bold oc fin:
Ieg vog høyen Bermerjss,
hand vaar kiære Morbroder din.

45.
Vog du høyen Bermerjss,
allerkiæriste Morbroder min:
Da vog ieg Irlands Konning,
hand vaar kiære Fader din.
46.
Det vaar Tord aff Valland,
hand spratte op mold met Suerd:
Du fanger aldrig for din Faders Død,
enten Pending eller pendings verd.
47.
Det vaar Orm vnger Suend,
tog Birting i sin Haand:
Da skal ieg haffue for min Faders Død,
en saa velbyrdige Mand.
48.
Det vaar Orm vnger Suend,
oc hand sit Suerd vddrog:
Oc det vaar Tord aff Valland,
hand Hoffuedet affhug.
49.
Først vog hand Tord aff Valland,
oc saa hans mange Suenne:
Saa gaar hand til Kongens Gaard,
alt til den Jomfru saa ven.
50.
Det vaar Orm vnger Suend,
hand tog den Edling i Arm:
Nu ere i min skøne Jomfru,
ieg lidde for eder den harm.
51.
Det springer nu saa vide,
Saa vide om Hielmer Ø:
At Orm haffuer sit Bryllup giort,
Oc heffnet sin Faders Død.
Men Skoffuen stander all i Blomster.

Vedel, Hundredevisebog I, Nr. 15;
DgF 11 Orm Ungersvend og Bermer-Rise; ver. D
Borrow tr. "The Giant Of Bern And Orm Ungerswayne "

『バームの巨人リースとオーム若青年』

1.
背高せいたかのっぽのバーム*1の巨人、
どの壁も超えて[背が]伸びていた。
狂乱で、賢明なためしなく、
誰ひとりぎょすすべを知らず。
それでも森は花いっぱいにそびえてる。
2.
狂乱で、賢明なためしなく、
誰ひとり制すすべを知らず。
もし長らくデンマークに居すわられたらば、
甚大な被害をこうむったろう。
3.
背高のっぽのバームの巨人
片脇に剣をくくりつけ
王の宮廷に馬駈ける、
猛者つわものたちと打ちあい、戦いあうために。
4.
背高のっぽのバームの巨人
王の前に立ちにゆく:
「そなたの娘をよこしていただこう、
それと国土の半分を一筆してな。
5.
ご安泰ご、デーン王、
そなたの幅広の長卓テーブルのもとにありて。
そなたの娘をよこしていただこう、
そしてわしと領地を分割せい。
6.
もしも、そなたの娘をよこせばよし、
そして国土を分譲すればよし、
だがさもなくばそなたの猛者もさ*2をよこせ、
わしと円技場リング(土俵)*3に立たせてみせてみろ」
7.
「お前に娘を獲られてなるものか、
国を両分けする(?)一筆にしろおなじだ。
よし、良い猛者と手合せさせてやろう、
お前と手で戦わせてみよう」
8.
さすればこれぞデーン王、
頭を皮衣スキンでくるみ、
高殿に御なりに、
猛者ども全員がいる前に。
9.
さすればこれぞデーン王、
その城の広間に御なりに
「わがデーン人の王官どもホフメェンよ、いずれの者が
麗しの娘を得たいか?
10.
ここに座す、皆わしの猛者どもよ
糧を与えし諸どもよ:
誰がバーマー*4に報いてくれる?
わしのため、困難に堪えてくれる ?
11.
その者には愛する娘をあたえよう、
そしてその者が褒美を持ち去るのだ:
誰が困難の道に挑んでのけるか、
円技場リングにバームの巨人と。
12.
猛者ども、みんな静まりかえる、
だれも返す言葉なし、
ただひとりオーム若青年を除き、
長卓テーブルのいっとう末席の彼を。
13.
ただひとりオーム若青年、
幅広の長卓テーブルを飛び越えて:
真実まことにかけて申します、
それは男一匹の言葉にございました。
14.
姫様ひいさまを下さいますか;
国土の半分を分譲なさいますか ?
されば[ご指名の]猛者つわものになりましょう、
円技場リングで勇者として立候補ちましょう。
15.
かならずや姫様を勝ち得まする、
そしてただ一人褒美を稼ぎまする;
私が困難の道に挑んでのけまする、
円技場リングでバームの巨人と」
16.
背高せいたかのっぽのバームの巨人、
肩ごしに見すえていた:
「何奴じゃ、そこな子ネズミは、
悪たれ口の出元は? 」
17.
「だれが子ネズミなものか、
お前はそう呼ばわりするが:
私の父はシーフレ王といい、
山陵ビャウエッ*5皆と居られる*6のだ。
18.
「お前の父はシーフレ王か?
お前はあやつに似なくもないな。
またずいぶん早熟に育ったものだ
たった十五年の間のうちに」
19.
もう夕べも更けていた、
太陽も休みにいっていた。
オーム若青年はやりたい気分
[亡]父のところへ馬駆けを。
20.
もう更けた夕刻のころ、
青年は馬を小川せせらぎ
オーム若青年はやりたい気分、
[亡]父を安眠からさましたい。
21.
さればオーム若青年、
山陵ビャウエッを力まかせに叩く:
それこそ大いなる奇跡だった、
山陵がいっぺんに崩れなかったのは。
22.
さればオーム若青年、
山陵をいきおいよく殴る、
壁も大理石もひび割れ、
山陵の底まで揺らがした。
23.
オーム若青年の父は呼びかける、
横たわる山陵のうちより:
「安らかでいさせてはもらえぬのか?
この薄暗い片隅で。
24.
誰じゃ、こんなに早くから起こすのは?
これほどの危害をなす奴は?
安らかでおるのはかなわぬのか?
この堅牢な岩のしたで?
25.
誰じゃ、人の山稜をこわしおって、
こんな対面[の場]をもうける奴は?
真実にかけてわしは云う、
そいつはビルティング*7に殺されよう」
26.
「私はオーム若青年、
親愛なる父上、あなたの末子にございます。
困難ゆえに参りました、
わたしの訴えを、おわかりください」
27.
「おまえがオーム若青年なら、
あの身軽く賢しい猛者つわものならば、
昨年、金銀やったではないか、
いくらでも欲しいほど」
28.
「昨年、金銀もらいましたが、
あたい一文とみなせません、
今年はビルティングをいただきたい
こよなく良き剣を 」
29.
「ビルティングはそちにとらすまい、
娘を勝ちえるためになど。
まずはアイルランドに行き、
父の死を報復むくいてもらわねばな」
30.
「ビルティングを私に突き出してください、
存分に嗜むがよいとのたもうておくれなさい。
でないと、あなたにかぶさる山陵を、
五千切れに壊してしまうから」
31.
「ならば、その高い手を低く伸ばせ、
わしの片脇のビルティングを取れ。
だがわしにかぶさる山陵をこわせば、
恐怖と苦痛の両方にみまわれるぞ」
32.
ビルティングを上に突き出せば、
切っ先が地面に立った:
「お前が幸運に恵まれなければ、
わしは永遠につぐなわれぬ(?)ままじゃ」
33.
オームは山陵のビルティングに手を届かせ、
柄頭にむかって命ず:
「持ちたえ良さ、それと手強さを保て、
猛者をお前の足元に転倒ころばすため」
34.
さればオーム若青年、
ビルティングを取り背後うしろにまわし、
王の宮廷に、はや忍びもどる、
精一杯、なせるかぎり。
35.
背高せいたかのっぽのバームの巨人、
憤慨寸前まできていた:
「 まがりなりにも勇士に、ふさわしくないぞ、
子供ガキと戦わせるなど」
36.
「いささか小さいかもしれぬが、
だが、それでもしっかりしているぞ。
しばしば起こることだが、小っこい隆起こぶ*8
でっかい積荷をひっくり返すだってある」
37.
一日を戦い、二日を戦い、
三日目が終わる。
曰く背高せいたかのバームの巨人、
「この戦はいつまでも終わりゃせんぞ 」
38.
さればオーム若青年
その剣を抜き放つ。
背高せいたかのバームの巨人、
ひざを断ち切られ。
39.
高叫び背高せいたかのバームの巨人、
悶着(?)おっぱじめる(?):
「おのれ、武士の掟にはなかったはずじゃ、
相手をこんな低うに切り払うとは」
40.
「こっちは低く、そっちは高く、
おたがい共に強き猛者どうし
お前のひざを切ったのは、
それ以上の長さが届かなかったからだ」
41.
さればオーム若青年、
ビルティングを取り背後うしろにまわし、
そして砂浜へ向かう、
精一杯、なせるかぎり。
42.
さればオーム若青年、
白い砂を行く。
するとヴェレン国〔フランス〕のトーが、
陸まで帆走してやってくる。
43.
曰くヴェレン国のトー
舳先のいっとう前に立ち:
「誰じゃ、そこな小男は?
空虚(?)を広々と行くのは? 」
44.
「私はオーム若青年、
大胆かつ華麗なる猛者つわものです。
私は背高のバームの巨人を斃しましたよ。
あなたの愛する叔父御〔母方のおじ〕さんですけど」
45.
「おまえが背高のバームの巨人を斃した?
あの親愛なる叔父貴おじきを?
なら、わしはアイルランド王を斃したぞ、
おまえの敬愛する父親を」
46.
さればヴェレン国のトー
剣で土を巻き上げる(?):
「おぬしには父の死の[代償]は払わんぞ
たとえ一文も、あたい一文すらも
47.
そこはオーム若青年、
ビルティングを手に取れば:
「私は父の死を報復します、
なにしろ名家のお人でしたから。
48.
さればオーム若青年、
その剣を抜き放つ:
ヴェレン国のトーの
首級しるしを切り落とす。
49.
まずヴェレン国のトーを斃し、
その若衆を何人も。
そして王の宮廷へ行く、
麗しの娘のもとへ。
50.
さればオーム若青年、
高貴な子を腕の中に。
「あなたは私のものだ、美しき娘よ、
あなたのために、危険を冒してきたのです」
51.
噂は広く飛ぶ、 ヒェルマー島じゅうひろく:
オームは婚礼を挙げました、
亡父を仇討ちしました、と。
それでも森は花いっぱいにそびえてる。

原文― ヴェデルの『Hundredevisebog (百謡本)』第1巻第15謡
デンマーク古謡カタログ番:DgF 11 番 D 版










*1 地名。英訳者 Borrow は これをベルン市と解し、Prior はロシアのペルム地方だととしている。 が、ビャルマランドの人のことだろう。
 サクソも『デーン人の事跡』第一巻で Byarmenses 「ビャルム人たち」にふれていて、 Elton 英訳 では "men of Perm" となっているが、Peter Fisher 英訳本で、 Hilda Ellis Davidson 女史が解説するところによれば、モスクワ一帯のパームと、白海南岸に居住した フィン・ウゴル系民族の国「ビャルマランド」は、はっきり区別すべきとある。























*2 チャンピオン。すなわち君主や国家の名誉や国益にかけて死闘をおこなう勇士

*3 デンマーク語の「クレッズ」は「円」の意味もあり、競技場の意味もある。「リング」や「アリーナ」にも「円」の意味合いがある。円形競技場だと長たらしいので「円技場」に縮めた。また、別歌「レーヴェンゴーとミマーリング」では、地に円を描くと書かれているので、土俵と解してもよいだろう。
 戦いの方式は、北欧のホールムガングの形式をとると見なしていい。つまり、対戦者のどちらかが先攻して 一撃をくらわし、相手が受ける。勝負がつかなければ、今度は相手が攻撃する、を交互に繰り返すのだ。














*4 バーム人。バームの男














































*5 これは「塚/墳墓/みささぎ/」のことかもしれないし、「岩窟/洞穴」かもしれない

*6 おそらく、「代々の先祖と永眠している」という意味だろう














































*7 名剣の名前







































































*8  大荷を積んだ車が、道のでっぱりにつまづくこともある、というたとえのようである。

| デンマークのバラード | →

HOME > 神話 > デンマークの古謡 >