HOME > Japanese > Japanese Elegies >

きけ わだつみのこえ
(日本戦没学生の手記)

Listen to the Voices from the Sea
(Writings of the "Fallen Japanese Students")



[表紙頁内側の挿入歌]
藤谷多喜雄 作


  「旧版あとがき」にあるように、本の題名については一般公募され、2000通ほどの応募の中から、 京都市在住の藤谷多喜雄の提案が採用された。そこに添えられたのが、同氏によるつぎの短歌である。

なげけるか いかれるか
はたもだせるか
きけ はてしなきわだつみのこえ

[Invocational verse inside the Cover Page]
a tanka poem by Takio Fujitani

  The book was named by publicly soliciting ideas for a title in a naming contest. Of some two thousand responses, the title chosen was the one suggested by Mr. Takio Fujitani of Kyoto. The title was part of the tanka poem he had written (cf. "Afterword to the Old Edition")


Will you woe ? Will you rage?
Or yet, dumbstricken will you be?
Hear now, the boundless voices of the Ocean-Spirits

田辺利宏

雪の夜

人はのぞみをうしなっても生きつづけてゆくのだ。
見えない地図のどこかに   
あるいはまた遠い歳月のかなたに   
ほのあかつぼみを夢想して  
てつく風の中に手をさしのべている。
手は泥にまみれ  
頭脳はただ忘却の火をつづけてゆくとも  
身内を流れるほのかな血のぬくみをたのみ  
冬の草のように生きているのだ。  

遠い残雪のようなのぞみよ、光ってあれ。  
たとえそれが何の光であろうとも  
虚無の人をみちびく力とはなるであろう。  
同じ地点に異なる星を仰ぐ者の  
寂寥せきりょうとそして精神の自由のみ  
俺が人間であったことを思い出させてくれるのだ。  

Toshihiro Tanabe

A Snowy Night

People continue to live on, even bereft of hope.
Somewhere on a map unseen,
Or at a far edge, aeons away,
While in reverie of bloom-buds tinged slightly red,
They extend their hands out, in the chilling wind.
Though the hands be smeared in mud,
And the brain only sustains the fire of oblivion,
Relying on the subtle warmth of blood that courses the body,
They live on like winter weeds.
 
Oh Hope like the lingering of snow. May ye be glowing.
Whatever light it may be, notwithstanding,
You surely habe power to guide the people of the void.
Fellow men of the same vantage point, who behold different stars,
It is their desolation and freedom of spirit alone
That reminds me I am human after all.

関口清のスケッチ

 芸大生(厳密には旧東京美術学校の卒業生)・関口清は、軍帽だが、その下は骨ばかりに やせおとろえた半裸体の自分をスケッチしてみせ、「もうこれ以上はやせられない」という見出しを つけている。それには、不屈な、一抹のユーモラスな精神をまだ残しているぞ、という抵抗意思がうかがえる。 その次のスケッチは、さらに痩せ、骨と皮ばかりとなった半跏趺坐の自分を描いた表現主義的な絵だ。
第三は、くすんだ煙草のおかれた灰皿を傍らに、足を投げ出して座る関口軍曹が、さまざまな食べ物に 囲まれた絵だ。「これだけあれば病気はなほる」と見出しの入ったこれもユーモラスな側面のある絵である。 よく見ると、カボチャやウナギにまじって蜂の成虫みたいなものが描かれているがこれはなんだろう。
 本文では1945年8月19日、沖縄の宮古島の野戦病院で病死となっているが、「旧版あとがき」では、 これを「餓死した」としていて齟齬がみられる。これは、「なにも終戦となったあとに、餓死してすることはない じゃないか」という悲憤・悲劇性を加えるために事実を少しまげたのであろうか。

Sketches by Sekiguchi Hiroshi

  A graduate of the Geidai, Tokyo National University of Fine Arts and Music (or its predecesoor, the Tokyo Fine Arts School to be more precise), Sekiguchi Hiroshi has provided us with a sketched self-portratit of himslef, donning a seargeant's cap and standing at attention, but half naked, displaying his ribs-showing, emaciated and rickety frame. The caption reads "I can't get any thinner than this," which is spoken with wry humor. In his next sketch, which is in a more sober, expressionist-style, he is gaunt down to skin and bones. This one is more haunting. One also sees levity to the next picture, where Seargeant Sekiguchi thorows his legs out on the ground, has an ashtray with a lit cigarette sitting on it, and is absolutely surrrounded by mountains of food. The capture reads "With this much food, I'd surely be cured of my illness."

『きけ わだつみのこえ』について

 戦後の米軍占領下の1949年に出版された「日本戦没学生たちの手記」や「遺稿」と書かれるが、 これはいささか語弊がある。私なぞ、空襲で亡くなった国民学校の子供の作文なども含まれるかと 思っていたのだが、そんなものはなにひとつない。「戦歿学生」とここで呼ばれる75名は、どれも20代の 立派な若者であり、その殆どが大学を在学中、または卒業後に尉官として戦線に立たされて散った 英霊たちである。だからそれをあえて「戦没学生」と記するにあたっては、多少、説明を要すると思う。
 なかには大学では芸術や文学や哲学を学びとり、おそらく戦闘行為についてなにひとつの訓練を つんでいない「学生」も、戦争の矢面に立たされていたのだろう。大本営中央で八の字ひげなぞを たくわえながらノホホンとしていた輩とはちがう。『わだつみ』の渡辺辰夫の章のあとの註釈(p.85) にもあるよう、「下級将校の死亡率は一兵卒のそれよりも高い」ことは、当時もはっきりと認識されて いたことなのだ。なかには医療班となったり、特攻隊のパイロットになったりしたものがいるが、その 全員は戦時中に命をおとしている。
 「手記」といっても、もとより出版目的で書かれた回想録ではない。人の目にさらすつもりで 書かれたのではない文通や、日記などだ。内容は、思わず失笑してしまうような他愛ないものも多い。 されど、これを読むにあたって、書生的な思考に共感は感じるけれど、涙を禁じえないというような、 そういった感銘は私は受けなかった。
 ここに集められた遺稿は、その当時の、ごくあたりまえ、、、、、、、の 青年層が考えたり思ったりしたことを忠実に再現したのではない。ほとんどは帝大生やそのほか高等教育 を受けた者たちだ。軍国主義のあやまちに気づく立場にある人たちである。節目節目にそのことが うかがえる。むしろ、その反対の国粋主義の考えが多かったろう。しかし、「まえがき」でも説明されて いる通り、その類の手記は選に漏れることとなったのだ。さらには、「新版」には、「真に日本を愛する 指導者を存命せしめたならば、日本は世界を征服し得ただろう」等の箇所が添削されており、 争議をかもしているそうである。
 

 「わだつみ」とは海神の意味だが、戦没したものの魂は、海の藻屑と消えいりゆく御霊みたまとなったというだろう。岩波書店から文庫版で入手できる。
  
 ペンシルベニア州スクラントン大学で社会学の教鞭をとる山内やまのうちみどり氏が、約6年間がかりでこれの英訳を完成させた。原書の出版後じつに50年の歳月が経っている。

  [ Midori Yamanouchi、 Joseph L. Quinn 編+訳 『Listen to the Voices from the Sea 』, Scranton: University of Scranton, 2000年, pp.xiii + 344, 図, 年表, 用語, 地図, 索引 ISBN 0-940866-85-4 (pbk.)., US$27.95]

about Listen to the Voices of the Sea

  This is a collection of writings by Japanese senbotsu gakusei "students who perished in war" during World War II, published in 1949, few years after the war ended in US-occupied Japan. This is their testament while they lived, and none of them survived afterwards to tell about it. Some of the writers became medics, some, kamikaze pilots.

  I think the use of the phraseology "students who died in war" needs to be qualified. I was led(or misled) to believe the book might contain schoolpapers written by childeren attending the nationalized elementary school who had died in air raids, etc. Nothing like that is included in the book. Each of the seventy-five or so authors were young men in there twenties, and were junior officers of the Japanese army or navy. Virtually all are graduates of fine universities, or were sent to the front while attending college. Certainly many must have been trained in not much more than art or philosophy and ill-equipped to face the hail of bullets. But as is evident from the annotation (notes after the chapter on Tatsuo Watanabe), it was widely recognized that the death rates of junior officers significantly exceed that of ordinary enlisted men (privates). So they were facing real peril, unlike the senior officers idly grooming their great mustaches back at their Daihon'ei headquarters.

    The Japanese subtitle of the book also ambiguously suggests it might be a collection of memoirs. But many of the entries are diaries and private communications (letters), which were never meant to be seen. Some of what you read are so trifling/banal you're almost embarassed on their behalf for having read them. I have seen comments to the effect that this is gut-wrenching or tear-jerking, but I have thus far not have found that to be the case.

 

  The original title Kike wadatsumi no koe might more literally to be translated as "hear the voices of the ocean-spirits," as wadatsumi is a sea deity or a poetical word for the ocean. There is a definite overtone that "mi" (meaning "spirit") is to be taken as "mitama" or the soul/spirit of the war dead.

  An English translation of the writings appeared recently, some fifty years after it was originally published in Japan. It was a six-year endeavor by Midori Yamanouchi, an anthropology professor at Scranton.

  [ Midori Yamanouchi and Joseph L. Quinn, (eds.), (trans.), Listen to the Voices from the Sea (Kike Wadatsumi no Koe), Scranton: University of Scranton, 2000, pp.xiii + 344, ill., chron., glos., maps., ind. ISBN 0-940866-85-4 (pbk.)., US$27.95]


関連リンク / Relevant Links

§ 総合サイト / General


  • · わだつみの会


    · The Voices from the Deep Society

     

  • · 秋乃菜さんの
    WADATSUMI〜海の神様
    · Ms. AKINONA's
    "WADATSUMI The God of Sea"
     

    § 美術 / Fine Arts etc.

    · 『わだつみ像』
    彫刻 作:本郷あらた
    (立命館大学国際平和ミュージアム)
    · Wadatsumi-zō
    sculpture piece by Hongo Arata
    at the Kyoto Museum for World Peace,
    Ritsumeikan University.
    · 東横映画
    日本戦歿学生の手記 
    きけ、わだつみの声」

    (昭和25年)

    · Toyoko Films:
    “ Hear the Voice of Ocean-Spirits:
    Records of Japanese Students who Perished in War

    (1950)

    § 断片的情報 / Tidbits

    • 毎日新聞2001年8月16日小林秀雄の「わだつみのこえに應(こた)える」(1950年)への寄稿について言及。
    • 『短歌』1997年11月「回転木馬」 「今日のリアリティ」 欄(歌人・古谷智子)に新版『わだつみ』の改ざん問題について触れる。
    • ミュージカル『李香蘭』(李香蘭は日本の映画界の花形で、戦後、中国政府に敵国協力の咎で逮捕されたが、実名は山口淑子(よしこ)という中国育ちの日本人だということは1941年の頃から判明していたので、本国に強制送還された。)。この楽劇では、第二幕のセリフの多くを『わだつみ』から抜粋しているらしい。
    • Mainichi Shinbun 2001/8/16 (jp) refers to author Hideo Kobayashi 's contribution to "Wadatsumi no koe ni kotaeru (In Response to the Voices of the Sea) (1950)
    • The periodical Tanka 1997.11 "Carousel" column "Today's Reality" (by tanka poetess Tomoko Furuya)(jp) refers to the issue of tampered texts in the new edition of Voices of the Sea
    • Li Kōran, the musical. (Li Xianglan, a movie-star who was arrested by Chinese authorities for collaborating with the Japanese; she turned out to be a Japanese national named Yamaguchi Yoshiko (this fact had already come to light in 1941), even though she was raised in China, and had taken on the name of the Li family, who were very close with the Yamaguchis and thus became her "adoptive parents" according to Chinese custom. ). The Act Two dialogue makes wholesale use of quotes out of the Voices of the Sea.

    HOME > Japanese > Japanese Elegies >