Origin of "Yellow Peril"

"Yellow Peril" was a phrase bandied about by the American yellow journalism (such as the San Francisco Examiner owned by William Randolph Hearst) in a move to stem the tide of Japanese immigration (30,000 per year at its peak) especially into California. It culminated in the passing of the "Oriental Exclusion Act (1924)" which closed the gates to such immigration.

The phrase itself was apparently coined by the Prussian Kaiser. In John Toland's The Rising Sun, Chapter 3:"Then the War Will Be a Desperate One" § 1. (p.69), the origin of "Yellow Peril" is footnoted as follows:

* The phrase originated with Kaiser Wilhelm in 1895. He had a revelation of Oriental hordes overwhelming Europe and made a sketch of his vision: a Buddha riding upon a dragon above ruined cities. The caption read: "Die gelbe Gefahr!" -- "The Yellow Peril." Several copies were made and presented to royal relatives all over Europe as well as every embassy in Berlin.

「黄禍」という語は、W.H.ハーストの「サンフランシスコ・イグザミナー」新聞など、米国のイエロージャーナリズム(<黄色新聞>:黄色人種とは無関係のことばで、 扇情的ジャーナリズムをさす)が、カリフォルニアへの日本人移民の抑制・停止の論調を展開するにあたって多用されたうたい文句である。そして最盛期には年間3万人をかぞえた米国への日本人移民も、やがていわゆる「排日移民法(1924)」によって、その門をとざされた。

この「黄禍」を造語したのは、プロイセンのカイゼルだったそうだ。ジョン・トーランドの著「The Rising Sun」第3章第1節の脚注を引用すると次のようににかかれている(拙訳):

* この成句は、1895年にヴィルヘルム皇帝が創作したものである。皇帝は、東洋の大群に、ヨーロッパが圧倒されるのだという、お告げでを見た。そしてそれをスケッチに描いた:仏陀が竜に乗り、廃墟と化した都市の上空を[飛ぶ図]である。 その見出しには "Die gelbe Gefahr!" -- 「黄色い禍い」とあった。 いくつかのコピーが作られ、ヨーロッパじゅうの親戚の王室に贈られ、またベルリン駐在の各大使館に配られた。